iPhone Music App Blog

iPhone・iPad音楽アプリ・楽器アプリのニュース・レビュー&DTM・DAW・DJの情報ブログ
about
category
アプリ名などの検索↓
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
BELKIN マルチ イヤフォン スプリッター ROCKSTAR F8Z274
BELKIN マルチ イヤフォン スプリッター ROCKSTAR F8Z274 (JUGEMレビュー »)

iPhone/iPad/iPod touchなど複数つなげて簡易ミキサーにも使えます。
<< DJソフトウェア「Serato DJ」が2017年1月2日まで1週間限定の50%OFFセール中! | main | Brian Enoがアンビエント・ミュージックアルバム『REFLECTION』をリリース!同時にiOSアプリも! >>
2016年のエレクトロニック・ミュージック ベスト20!「The Best Electronic Music of 2016」

The Best Electronic Music of 2016

 

あけましておめでとうございます。

2016年は皆様どんな年だったでしょうか?

 

当ブログ管理人にとっては今年は良いことも悪いことも激動の年でしたが、11月よりしばらく休んでいたブログ更新を復活しました。今後しばらくはコンスタントに最新のiOS音楽・楽器アプリの情報を更新していきますのでどうぞよろしくお願いします。

 

さて、2016年はどんな音楽に出会いましたか?良い音楽に出会えましたか?私はここ数年10年代以降ハウス、テクノなどエレクトロニック・ミュージック、ダンスミュージックに夢中です。以前と言っても00年代までは、プログレッシブ・ロックやポストロック、ポストハードコアもしくはヒップホップ、R&Bなどバンド、生楽器中心の音楽にハマっていました。エレクトロニックな音楽と言えば、エレクトロニカやノイズ、アンビエントをメインに聴いており、いわゆるダンスミュージック、クラブ・ミュージックはあまり聴いてきませんでした。

 

このブログを始めてからエレクトロニック・ミュージックに触れる機会が多くなり、それがきっかけの一つになり、ハウスやテクノなど自分にとって新しいジャンルの音楽を聴くようになりました。新しい音楽を聴くと新鮮で新たな発見があって楽しい。やっぱり音楽って最高だな。そして深いなと思います。ある一定の年齢になると新しい音楽を聴かなくなる、探さなくなるというようなニュースや記事が一時期出ていましたが、それはとても残念だなと思います。新しい音楽が毎年何千、何万と生まれているのに。

 

まぁ、一つの音楽をずっと聴き続けるという音楽の楽しみ方もあるので、人それぞれと言ってしまえばそうなのですが・・・

 

ここで本題。新しい音楽を聴くきっかけになればということで、勝手ではありますが、当ブログ管理人の2016年エレクトロニック・ミュージック・ベスト20をピックアップしました。偏っているランキングではありますが、チェックしてみてください!

 


 

『The Best Electronic Music of 2016』

 

1.Oshan - Most At Home

 

個人的にCashmere Catが出てきた時の衝撃に似ていて、ここ一月ヘビーローテーションで聴いていた「Oshan」。シドニーを拠点として活動、「FKJ」や「Kartell」をリリースするフランスのRocheMusiqueからデビューした新人です。途中のギターソロの入れ方が絶妙!ちょっと間違えたら超絶ダサくなるところを新世代のセンスでオシャンティーに仕上げてます。(Oshanだけに...)この自分のセンスがダサい!

 

 

 

Oshan SoundCloud

https://soundcloud.com/oshan-aus

 

 

2.SIBA - Trumpets Sound Good For Endings

 

デンマークのエレクトロニックポップニューカマー「SIBA」。曲の始まりから強烈な個性で持ってかれました。癖のあるサウンドですがメロディーはとてもポップ。まだ無名なアーティストですが注目したい。(MPBのアーティストSibaとは別です。そっちのSibaも良いです。)

 

 

 

 

3.Manila Killa - All That's Left feat. Joni Fatora

 

フィリピンの若手プロデューサー「Manila Killa」がUSのフォークシンガー「Joni Gatora」をフィーチャーした楽曲です。しっとりと聴かせるウィスパーボイスとエレクトロニックな楽曲が絶妙。「Manila Killa」の所属する「MOVING CASTLE(動く城)」は他にも面白い若手アーティストがいるので引き続きチェックしていきたい。

 

MOVING CASTLE

http://mvngcstl.com/

 

 

 

Manila Killa SoundCloud

https://soundcloud.com/manilakilla

 

 

4.KRNE - I'll Be Good

 

カルフォルニア・オークランドのFuture Bass、Trapなどのエレクトロニックミュージックを得意とするアーティスト「 KRNE」。Fool's Goldレーベルのコンピからの1曲。個人的にここ数年一番注目しているレーベルです。

 

 

 

KRNE Officialsite

http://kranemusic.com/

 

 

5.Gnucci - Ultimate Syndrome (feat. Tami T)

 

スウェーデンのアーティスト「Gnucci」がベルリンのアーティストTami Tをボーカルに迎えた楽曲。シンセとボーカルエフェクトがクセになります。どこか似た雰囲気を持つ女性アーティスト二人。楽曲はポップなのですが、かなり危ない雰囲気を醸し出しています。特にTami Tはシンセサイザーをピンクに染めてラメでデコったり、自身の楽曲やPVがかなりイカれているので、まだ無名ですが注目したい。日本でこんな個性的なアーティストが生まれないのはなぜだろう。

 

 

 

Gnucci Officialsite

http://gnucci.biz

 

Tami T SoundCloud

https://soundcloud.com/tamitmusic

 

 

6.KMLN - Be Here Feat. Worth

 

Kameleonの名を持つイタリアとカナダのエレクトロニックデュオ「KMLN」がSSW「Christopher Worth」をフィーチャーした楽曲。エモーショナルなボーカルがKMLNのトラックはミニマルで平静な雰囲気だが、エスニックな要素も入っているのが面白い。

 

 

 

KMLN SoundCloud

https://soundcloud.com/kmln-berlin

 

 

7.Cashmere Cat - Wild Love  ft. The Weeknd, Francis and the Lights

 

アリアナ・グランデやリアーナとのコラボでポップミュージック界のトップへ躍り出たCashmere Cat。こちらはThe Weeknd、Francis and the Lightsと二つのビッグネームをフィーチャーした楽曲。Cashmere Catならではのボーカル処理と独特な音色使いなど聴きどころ満載。最前線の音を聴きたい方はチェック必須!

 

 

 

Cashmere Cat SoundCloud

https://soundcloud.com/cashmerecat

 

 

8.Eli Escobar - Visions (Purple Disco Machine Remix)

 

NYのハウスDJ・プロデューサーの「Eli Escobar」の楽曲をドイツのDEEP FUNK,HOUSEプロデューサー「Purple Disco Machine」がリミックスした1曲。原曲のノリの良さを生かして崩さずクラブ仕様に仕上げているのがGood!

 

 

 

Eli Escobar SoundCloud

https://soundcloud.com/eliescobar

 

Purple Disco Machine Officialsite

http://www.purplediscomachine.com

 

 

9.Mace - Jungle (feat. Sofi de la Torre) (Crookers Remix)

 

イタリアのTRAP、FUTURE BASSプロデューサー「Mace」の楽曲を同じくイタリアの人気エレクトロニック・ユニット「Crookers」が、大胆にHouseリミックスした1曲。原曲も良いのですが、ぶっといベースが気持ち良いこちらをセレクトしました。

 

 

 

MACE SoundCloud

https://soundcloud.com/macemusic

 

Crookers

http://www.crookers.net

 

 

10.rioux - Cold Sweat

 

ニューヨーク、デトロイトで活動するエレクトロニックプロデューサー「rioux」。実験的な楽曲と時にボーカルを取るスタイルでアバンギャルドとポップを行き来する。若手で端正なルックスも持っておりこれから人気が出るかも!?

 

 

 

Rioux Officialsite

http://www.rioux.fm

 

 

11.Joyce Muniz - Cover Me Up feat. Kat Vinter

 

オーストリア・ウィーンのフィメールDJ&プロデューサー「Joyce Muniz」がベルリンのSSW「Kat Vinter」をフィーチャーした楽曲。ミニマルなトラックにハスキーでエモいボーカルが乗っかりシリアスな雰囲気が印象的。2016年初来日のDJが見られなかったのが惜しい!

 

 

 

MADE IN VIENNA
MADE IN VIENNA
posted with amazlet at 17.01.02
JOYCE MUNIZ
EXPLOITED (2016-10-21)

Joyce Muniz SoundCloud

https://soundcloud.com/joytoy

 

 

12.AlunaGeorge - I'm In Control ft. Popcaan

 

ロンドンの大人気エレクトロニック・デュオ「Aluna George」がレゲエDJのPopcaanをフィーチャーした楽曲。ヒットした楽曲なので聴いたことある方も多いかと思います。ボーカルAlunaのサビ部分のコケティッシュな「ウーウー」がグッとくるだけでランクイン。Georgeのサウンド処理も今っぽくて人気が出るのも分かります。

 

 

I REMEMBER
I REMEMBER
posted with amazlet at 17.01.02
ALUNAGEORGE
ISLAN (2016-09-16)

 

AlunaGeorge Officialsite

http://www.alunageorge.com

 

 

13.Brenmar & Dj Sliink - Long Minute (Ft. Rush Davis)

 

USのDJ&プロデューサー「Brenmar」と「DJ Sliink」が、同じくUSのSSW「Rush Davis」をフィーチャーしたJersey Clubなトラックです。数年前から日本でもクラブシーンでJersey ClubやTrapなどが流行していますが、そろそろJ-POPでも取り入れられてくるころじゃないでしょうか?

 

 

 

Brenmar SoundCloud

https://soundcloud.com/brenmar

 

DJ Sliink SoudCloud

https://soundcloud.com/sliinkofficial

 

 

14.Olaf Stuut - Thank You

 

オランダ・アムステルダムのテクノアーティスト「Olaf Stuut」。モジュレーションのかかったシンセサウンドが気持ち良いトラック。さすがClubMusicの文化が根付いているアムステルダムというクオリティーの高さ。

 

 

RUN [12 inch Analog]
RUN [12 inch Analog]
posted with amazlet at 17.01.02
OLAF STUUT
ATO N (2016-06-10)

 

Olaf Stuut SoudCloud

https://soundcloud.com/olafstuut

 

 

15.Porter Robinson & Madeon - Shelter

 

USの「Porter Robinson」とフランスの「Madeon」2人の若手新進気鋭プロデューサーのタッグと、日本のアニメ制作会社A-1 Picturesが制作したMVで大変話題となった1曲。美しくて多幸感のあるエレクトロニックサウンドと日本のSF萌えアニメーションがマッチして引き込まれます。

 

 

 

Porter Robinson Officialsite

http://porterrobinson.com

 

Madeon SoundCloud

https://soundcloud.com/madeon

 

 

16.Steven Julien - XL

 

来日で日本でも知名度を上げた「Floating Points」やレーベルの看板歌姫「Fatima」の所属する「Eglo Records」からも「FUNKINEVEN」の名でリリースしているエレクトロ・ハウスプロデューサー「Steven Julien」。小気味よいエレピのループが印象的なグッドトラック。

 

 

 

Steven Julien SoundCloud

https://soundcloud.com/funkineven

 

 

17.filous - Shaded In feat Jordan Léser (Common Tiger Remix)

 

まだティーンエイジャーという恐るべしエレクトロ・プロデューサー「filous」の楽曲を、禅にも影響を受けているという風変わりなTriphop・Chilloutプロデューサー「Common Tiger」がリミックスしたメランコリックな1曲。

 

 

 

filous Officialsite

https://filousmusic.com

 

Common Tiger SoundCloud

https://soundcloud.com/common-tiger

 

 

18.Ishmael - That Piano Track

 

サックス、ドラム、ギター、ボーカルなどマルチに演奏を熟すハウスミュージックプロデューサー「Ishmael」。曲名の通りピアノをフィーチャーしたJazzyなハウストラックです。クラブというよりはカフェで流れていそうな雰囲気なので、ハウス・テクノを普段聴かない女子受けも良さそうです。DJ中にサックス吹くのはクール過ぎて反則です。

 

 

 

Ishmael SoundCloud

https://soundcloud.com/ishmaelensemble

 

 

19.Typesun - Make It Right

 

UK・ブリストルのDJ&プロデューサー「Typesun」のJazzyでノリの良いダンストラック。ストリングス、ヴィブラフォンなど生楽器の音色センスが抜群ですね。ドラマーであるのも要因かもしれません。

 

 

 

Typesun SoundCloud

https://soundcloud.com/type

 

 

20.Amtrac - Once Is Enough

 

安心して聴けるダンストラックをリリースし続けるUSのDJ&プロデューサー「Amtrac」。なぜかヘビーローテーションしてしまうのを不思議に思っていたのですが、バイオグラフィーを見たところ、Pink FloydとLedzeppelinを聴いて育ったと書いてあったり、SoundcloudにはSigur rosのミックスがアップされていて納得。音楽の趣味が一緒であった。

 

 

 

Amtrac Officialsite

http://www.amtracmusic.com/

 


 

いかがでしたでしょうか?好みの音は見つかりましたか?

かなり個人的な趣味嗜好が入っているので合う人合わない人いると思いますが、エレクトロニックミュージック、クラブミュージック、ダンスミュージック好きの人は少なからず興味を持ってもらえる新しい音楽があったかと思います。

 

2017年はどんな新しい音楽が出てくるでしょうか?どんな音楽が流行するでしょうか?楽しみですね!

 

| ピックアップ まとめ | 08:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 2016年のエレクトロニック・ミュージック ベスト20!「The Best Electronic Music of 2016」



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iphonemusic.jugem.jp/trackback/1422
トラックバック